冬はファンデーションを塗るとカサカサに・・・。肌が乾燥せず潤いを保つには?

cheek

紫外線が気になっていた夏が終わり、
季節の変わり目もどうにか乗り越え、クリスマスやお正月の華やかな時期。
忘年会とかもあるし、バッチリ化粧をしたいのに、
ファンデーションがうまく乗らずカサカサになってしまうことがあります。

どうすれば肌の潤いを保つことができ、ファンデーションを塗っても
カサカサにならないのか?いくつかのポイントをお話していきます。

sponsored link

乾燥肌の人のファンデーションの選び方 (冬)

冬の毛穴は外気が乾燥する上に、体の中の血行が悪く、
お肌がカサつきやすくなります。それが、冬の毛穴落ちになります。

冷たい外気で血行不良それは血色を悪くし、
皮膚は硬くなりやすく、湿度が低いため角質細胞も乾燥しています。

ファンデーションでもなんでも、この時期は保湿重視です。

中からの潤いはもちろん、外からも潤いを忘れずに行いましょう。

パウダーファンデーションは、
お化粧直しも簡単でお手軽ですが、
やっぱり冬は、
『 エマルジョンファンデーション 』がいいですね。

クリームファンデとほとんど違わないものもありますが、
フェイスパウダー要らずで、保湿力高めです。

また、
『 リキッドファンデーション 』もおススメ。やはり潤い重視です。

リキッドは重くなる、という方には、
『 クリームファンデーション 』はいかがでしょうか?

秋冬用は、
リキッドファンデーションと比べて油性成分が多いので、
しっとりとした仕上がりになります。

油性が強いのは苦手という方には、
美容オイルがベースの
『 オイルファンデーション 』はいかがでしょうか?
乾燥が気になる冬向けです。

ファンデーションの下地・基礎化粧品付け方のポイント

スキンケアを行う時は、
加湿器やプレ化粧水を使って、
たっぷり肌へ水分を入れましょう。

パックはもちろん効果抜群です。

その上、保湿重視のファンデーションで、
外から潤いをサポート。

すると、肌は楽になり、
ターンオーバーの衰えも抑えることができます。

ファンデーションの塗り方のコツ

ファンデーションは
「伸ばす・塗る」より「叩き込む」方がよいです。

ファンデーションは
額、頬、鼻筋、顎にのせ、
中心から外に向かって伸ばし、
下から上に叩き込みます。

特に乾燥しがちな時期は、
しっかり叩き込みましょう。

この時摩擦しないように、気をつけましょう。

パウダーファンデーションなどの方は、
清潔なスポンジを使いましょう。

リキッドの方は、指で念入りに。
多くなくても大丈夫です。
叩き込むことで、
薄くてもしっかり持続します。

びっくりするくらい、私は叩きます。

そして、リキッドファンデーションを叩き込み、
なじませる時間を置きましょう。

私はその間に、
髪型とかピアスとかネックレスをつけたりします。

sponsored link

スポンジをお使いの方は、清潔を心がけましょう。
放置していると雑菌が繁殖、
顔に雑菌を塗りたくってしまうことに。
肌荒れの原因になります。
毎日新しいものを使うのが理想的です。

カットスポンジが安くて多く使えますので経済的ですね。

ファンデーションの後、
気になる部分だけコンシーラーでカバーしましょう。
ファンデーションを叩き込んだ後、
シミやニキビ跡、
口角や小鼻、
目じりにはカバーをお忘れないように。

もちろん、
コンシーラーも指で叩き込みます。
のせた部分とのせていない部分の境目を
しっかり叩きましょう。

最後にフィニッシングパウダーを。

パールやラメ入りのフィニッシュングパウダー、
光の乱反射の機能があるファンデーションは、
毛穴落ちを目立たなくさせる効果大。

付属のパフではなく、
ぜひブラシをお試しください。

ブラシにパウダーを含ませ、
ティッシュの上でブラシをくるくると回し、
馴染ませます。

もちろん、
内から外へをブラシで払うように顔にのせましょう。
鼻周りは縦方向にブラシで上から下へ。

ブラシだと、多くつきすぎる事を防ぎ、
粉っぽくなりにくくなります。

それでも乾燥したなら、
乾燥する部分にオイルを1滴垂らしたものを伸ばしてつけてみてください。

純粋ピュアオリーブオイル、
スクワラン
ホホバなどで大丈夫です。

乾燥しやすい目元などにも1滴分つけると効果的ですよ。

化粧なおしのコツ

乾燥する時期、
気になるのがカサつきとシワです。

友人から教わったのは乳液を使う方法。

乳液を少量、崩れの気になる部分にのみつけ、軽く拭き取り、
フェイスパウダーかパウダーファンデーションをつけ終了。

シワを隠そうとして、
そのままパウダーファンデーションを
スポンジで重ねづけすると、
余計にシワシワになになります。

目のまわりなど、
細かいところは、
綿棒を使って乳液をつけ、
ふき取りましょう。

フェイスパウダーやパウダーファンデーションをつける時は、
スポンジではなく、
ブラシでつけると綺麗に仕上がり、
またつけ過ぎによるお肌の乾燥を防ぐことができます。

直すのは崩れたところのみにしましょう。

時折、お顔全体をフェイスパウダーやパウダーファンデーションで
重ねづけされている方がいらっしゃいますが、
お肌が水分を奪われ、シワシワになりますのでご注意を。

一般的なのは、保湿のミスト。
化粧水を顔に吹きかけ、ティッシュオフ。
必ず、ティッシュオフしてください。

水分をそのままにしておくと、
水分が蒸発する時に乾燥してしまいます。

乳液を使う方法、
ミストを使う方法ともに、
その後つけるのは少量のフェイスパウダー
またはパウダーファンデーションで軽く。

乾燥によるしわやほうれい線には、
パール入りのハイライトを。

あくまでシワの部分だけに
ブラシでのせましょう。

シワ隠し、化粧直しは、
他の部分にはのせないように気をつけましょう。

まとめ

昔、人は、言語情報55%
聴覚情報38%
視覚情報7%
というメラビアン法則が忘れられません。

いつも自分らしくありたいものですが、
TPOもわきまえて、
より自分を輝かせていきたいものですね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>