二日酔い予防。飲む前と飲んだ後、それぞれどうすれば良い?

nomikai

飲み過ぎると後が辛いのは分かっているけど、
ついつい飲み過ぎてしまい、次の日にはノックダウン状態、、、。
二日酔いのまま仕事にいかなきゃ、、、一刻も早く直したいですよね。
予防策からアフターケアまでご紹介しましょう。

sponsored link

 飲む前の予防策ってあるの? 

まずは、牛乳やチーズ類などの乳製品を事前に食べてから
出かけてみましょう。
胃の中に脂肪の膜が出来て、アルコールの吸収が緩やかになります。

柑橘系の果物や、梅干しなども効果的です。
肝臓の機能がきちんと働き、悪酔いしにくくなります。

ウコンなども肝臓に働きかけますので、
ウコンが入ったドリンクなどを飲むのもいいでしょう。

 飲んでいる最中に気をつけることって? 

ビッチが早いと飲み過ぎることになり、二日酔いの
原因になります。
ゆっくりと、落ち着いて飲む事を心がけましょう。

しっかりと飲み始める前に食べ物を食べる事もポイントです。
空腹時に飲むと酔いが回りやすくなります。
食べ物とお酒をバランスよくお腹に入れるようにしましょう

sponsored link

おつまみやおかずは、二日酔いを引き起こす物質を排出するものや、
肝臓の働きを促進するものを選んで食べるようにしましょう。

枝豆、豆腐、鶏肉 チーズなどがおすすめです。 
アルコールの代謝を助ける為には、たんぱく質・ビタミンB1
ビタミンEを含んだ食べ物が有効と言われています。

チーズや枝豆・にんにくやニラ・ナッツ類などに含まれています。
お酒のお供としてよく登場しますね。
選んで食べるようにしてみましょう。

 飲んだ後の予防策はあるの? 

アルコールには利用作用があります。塩分も失われて
しまいます。
アルコールによる脱水症状を引き起こさないように気を
つけるようにしましょう。 
飲んで帰って来たら、そのまま寝るのではなく、
しっかりと水分補給をしてから寝るようにしましょう。

アセトアルデヒドの分解を促す成分のビタミンCやタウリン、
が入っているものを選ぶようにします。
カフェインなども有効です。

ミネラルウォーターやコーヒー、しじみや魚介類などがはいった
お味噌汁、グレープフルーツやリンゴなどの果物類のジュースなどを
選んでみるようにしましょう。

いかがでしたか?

楽しい時間はすぐに過ぎるもの。ついつい遅くなって
しまいがちですが、遅くまでいると酒量が増えてしまいますね。
だらだらと飲み続けずに、早めに切り上げるか、
途中からでもノンアルコールのものに切り替えてみましょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です