酉の市浅草2014年はいつ?屋台の時間は?熊手の値引きについて

だいぶ日が落ちるのが早くなってきましたね。
今年も早いものでもう酉の市の季節です。
そこで、今回は、今年(2014年)浅草酉の市の情報についてご紹介いたします。

sponsored link

酉の市浅草2014年の日程と時間

今年(2014年)の浅草酉の市の日程は以下の通りです。

日程:11月10日(月)と11月22日(土)
時間帯:深夜0時~翌日の深夜0時

一番混雑する時間帯、混雑を避けるならどの時間帯が良い?

酉の市は24時間開かれています。ですので、いつ行っても楽しめます。
でも人混みは苦手という方もおられることでしょう。

そんな方は午前中に行くことをおすすめします。

だいたい夕方から夜の9時ぐらいの時間帯が一番混み合いますので、
その時間帯を外すようにするとよいかと思われます。

屋台について

屋台が出店されるポイントは、年によって多少のばらつきがあります。
だいたい東京メトロ日比谷線三ノ輪駅から浅草寺の方に伸びる
国際通り沿いに屋台が多く出店されます。

熊手の値段は?値引きができるってほんと?

酉の市と云えば、熊手は欠かせないアイテムです。
熊手ははじめは小さなものを買って、
年を追うごとに大きいものを買っていくのがポイントなんだそうです。
去年よりも多くの富を掻き込めるようにと、願をかけるわけです。

sponsored link

ところで熊手の値段って考えたことありますか?
そういえば、ある政治家は8億円も出して熊手を買ったと釈明して話題になりました。
冗談はさておき、熊手っていったいいくらくらいするのでしょうか。

熊手の値段は実はピンキリで、安いものでは2,000円ぐらいからあります。
高いものですと10万円くらいします。
売れ筋はだいたい5,000円~50,000円くらいなんだそうです。

それと、熊手を買うときは、熊手売りのおじさんと値引き交渉しましょう。
値引きするなんてなんだか貧乏くさいと思われるかもしれません。
でも、これは誤解です。
昔から、熊手を買うときは
値引き交渉をかっこよく決めるのが「粋」だとされています。

ちょっとした風物詩というか、文化といえるでしょう。
物怖じせず、是非チャレンジしてみてください♪

まとめ

酉の市は縁起を担ぐお祭りです。気軽にブラリと訪れてみてはいかがでしょうか。
最近、パッとしないなあと思う人は特に出かけてみてください。
きっと何かが変わるきっかけになると思いますよ^^
個人的には浅草酉の市はスピリチュアルなパワーをもらえる祭りだと信じています。

【合せて良く読まれている記事はコチラ】

→ 酉の市横浜
→ 酉の市花園神社

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です