箱根の紅葉2014年見頃はいつ?名所と穴場のご紹介

箱根は関東の中でもきれいな紅葉が見れるエリアとして有名です。
ですが、箱根と言ってもエリアが広いため、紅葉狩りスポットもどこがいいか迷ってしまいますよね
そこで今回はエリアごとの 箱根の紅葉、2014年の見頃はいつなのか?
さらに、名所と穴場をご紹介していきますね

sponsored link

箱根紅葉で混雑しすぎない穴場スポットは?

箱根の紅葉スポットもいくつかありますので
エリアごとに穴場をご紹介します。

1.芦ノ湖周辺エリア

元箱根~箱根町

恩賜箱根公園(「旧函根離宮」跡地)

眼前に壮大に広がる富士山と芦ノ湖と、紅葉とともに、楽しめます。

恩賜箱根公園
2.大涌谷エリア 
桃源台~早雲山~千石原

箱根ラリック美術館

敷地4000坪と多数ある20メートル以上あるケヤキ、モミジの
大迫力の紅葉をご覧いただけます。

箱根ラリック美術館

長安寺境内

五百羅漢の石仏と紅葉。異空間の紅葉を堪能できます。

長安寺

3.小涌谷・宮ノ下(強羅)エリア 
蓬莱園
元三河屋旅館の庭園。周りに目立つ施設がないため、静寂な空気の中で、紅葉を満喫できます。

蓬莱園
4.箱根湯本エリア
須雲川や早川沿いの奥湯本。
チョロチョロとした川のせせらぎを聞きながら、ハイキング気分で、紅葉を楽しめます。

*奥湯本というのは、須雲川、早川を渡った向こうにある旧東海道沿いの周辺のことを指します。

箱根エリアの紅葉の特徴について

箱根は、何で、箱根と言うか知っていますか?
諸説ありますが、その一つを紹介します。

箱は、芦ノ湖近くの駒ヶ岳が、「箱」のカタチをしていた。
根は、「嶺」みねです。そうです。山を表しているのです。

sponsored link

その箱山、いや、箱根。箱根と一口に言っても、守備範囲は、非常に広いのです。
大きく分けると、4つのエリアに分かれます。

1.元箱根~箱根町(芦ノ湖周辺)エリア
2.桃源台~早雲山~千石原(大涌谷)エリア
3.強羅~太平台(小涌谷・宮ノ下)エリア
4.箱根湯本エリア

紅葉は、1.芦ノ湖周辺エリア~2.大涌谷エリア~3.強羅エリア~4.箱根湯本エリア
の順番で、色づいていきます。

箱根紅葉 時期予想、見頃

10月下旬~12月上旬頃が、紅葉を満喫できます。
エリアが広いために、長い期間楽しめます。行く時期に合せてエリアを選べるのもうれしいですね。

1.芦ノ湖周辺エリア      :10月下旬 – 11月上旬
2.大涌谷エリア :10月下旬 – 11月中旬
3.小涌谷・宮ノ下(強羅)エリア:11月上旬 – 11月下旬
4.箱根湯本エリア       :11月中旬 – 12月下旬

楽しめる箱根紅葉スポットは?

1.芦ノ湖周辺エリア (湖辺紅葉)
元箱根~箱根町

・九頭竜(箱根)神社:関東屈指のパワースポット。手つかずの自然の紅葉。
・早川橋梁(出山の鉄橋):鉄橋からの眺めが最高。国の登録有形文化財。
・芦ノ湖の観光船:「芦ノ湖遊覧船」と「箱根海賊船」が、弓形のカルデラ湖を航行。
船に振られ、風に振られながら、紅葉をエンジョイできます。

2.大涌谷エリア (天空紅葉)
桃源台~早雲山~千石原 

・駒ケ岳ロープウェイ:姥子-桃源台-早雲山-大涌谷。地上130メートルの空中散歩を
しながら、紅葉を満喫。富士山の紅葉もご覧あれ。
・箱根ガラスの森美術館:ガラスの輝きと紅葉のコントラスト

3.小涌谷・宮ノ下(強羅)エリア (庭園紅葉)

・強羅公園:日本唯一のフランス式庭園。秋バラと噴水と紅葉が、同時に楽しめます。
・箱根美術館:ひみつの石楽園が、紅葉シーズンの1か月間のみ公開。200本以上のモミジ一面の赤が圧巻。

4.箱根湯本エリア(滝・川紅葉)
・天成園:パワースポットの玉簾の瀧と飛烟の瀧。「延命の水」としても有名。
「屋上天空大露天風呂」からは、温泉につかりながら、紅葉を体感できます。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、箱根の紅葉、2014年の見頃はいつなのか?名所と穴場を
ご紹介させていただきました。

これで、2014年の紅葉in 箱根を、満喫して下さい。
当日、晴れるといいですね。この時期は思ったよりも寒いですので温かい服装で、いってきてくださいね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です