インフルエンザうつる人とうつらない人の違いは?感染予防する方法

sick2

自分も長女もかからないのに、長男はかかってしまった。
同じ家族なのにこの違いは何なんでしょうね?
そんな疑問を一度や二度は抱いた人も多いことでしょう。

ここでは、インフルエンザの疑問などを解説しています。
知識をいれると同時に予防もぜひ実践して下さいね。

sponsored link

インフルエンザうつる人とうつらない人の違いは?

免疫力の差。
というのが有力なようですね。

インフル患者が隣同士で座って会話をしても伝染らない人は伝染らない。

・手洗いうがいバッチリ
・マスクも欠かしません
こんなに対策をしていても伝染る人は伝染ります。

いずれにしても、食事や睡眠など、健康的な生活を心がけて、
インフル対策もやっておくに越したことはありませんね。

インフルエンザが感染する原因は?なぜ家族がかかると感染しやすいのか

インフルエンザの感染経路は飛沫感染と接触感染の2通り。
飛沫感染は、咳で空中に飛んだウィルスを吸い込むことで感染します。
接触感染は、インフル患者が触れたところに自分も触れ、
その手で自分の鼻や口に触れることで粘膜から感染します。

家族がかかると感染しやすいのは、生活を共有しているからです。
家の中をインフル患者も移動しているということは、ウィルス
排出マシンが家中を徘徊してるようなもの。
ウィルスが浮遊している空気を家族の誰かが吸ってしまう確率が
格段に高くなります。

sponsored link

トイレ、洗面所、食器など、家族間で触るものが多いので、
接触感染の確率も高くなるという訳です。

インフルエンザ感染予防する方法は?

自室に隔離する

二次感染しないためには、室内の浮遊ウィルスを減らしましょう。
そのために部屋に隔離します。室内の空気は外ほど大きな移動は
ないので、隔離したら必ず窓を開けて空気を入れ替えましょう。

手洗いやうがいをする

家庭用の消毒薬を用意しましょう。手洗いを励行して、掌についた
雑菌を洗い流すだけでもけっこうな予防効果が期待出来ます。

マスクをする

ウィルスが侵入しにくい不織布のマスクを使って下さい。
一度はずしたマスクは再装着しないで捨てます。マスクの外側には
ウィルスが付着していると思って下さいね。
再装着は感染してしまう可能性があります。マスクは多めに買って
おきましょう。

感染者が出る前に

家族全員で予防接種を受けておくのが最大の予防になります。

まとめ

・毎年のように新型が出る
・目に見えない
・感染する
インフルエンザって一体どんな存在なんでしょうね。
本当に厄介です。

とは言っても、かかっちゃうとコレはさらに厄介なことに。
念じたら消えてくれるという訳でもないので、“関わらない共存”
の方法を覚えるしかありません。

一番簡単でお金がかからなくてすぐに出来る予防法は
「手洗いとうがい」だと思います。ぜひとも毎日実行しましょう!

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>