グリーンカーテンの効果恐るべし。【節電】実証データを公開。

最近、節電エコの観点やデザインの観点から注目を浴びてきている
グリーンカーテンこと緑のカーテン。

グリーンカーテンとは窓の外にネットを張り巡らせ、
そこに植物の葉っぱを絡ませて作っていく壁のようなもの。

sponsored link

これにより日差しを遮り、室内の温度上昇を抑えるという目的で使われています。

greencurtain

ぎっしりと緑を詰まらせて作るので、見た目がカーテンのようなことから

グリーンカーテン(緑のカーテン)と呼ばれています。

そんなグリーンカーテン。

節電だのエコだのと言われてるけど、どんだけエコなのよ?

大げさに言ってるんじゃないの?

なんて思っているかもしれません。

ですが、実際のデータで驚くべき節電効果があることがわかりました。

内容を知ると、「こ、こ、これは確かにエコだわ!」と
驚愕してしまうかもしれません

実際、グリーンカーテンにはどのくらいの節電効果があるのかを見ていきましょう。

グリーンカーテンの効果

植物で、窓の外にグリーンカーテンを作ることにより、
どういう現象が起きているのでしょうか?

植物の葉っぱの中には、元々水分がたくさん含まれています。
これらの葉は中に蓄えている水分を蒸散させる作用があり、これを常に行っています。

この作用があるおかげで葉っぱの温度というのは30度以上になることはありません。

この作用を利用しているのがグリーンカーテンなんです。

葉っぱが内部の水分を蒸散させていると言いましたが、

これは「お水の霧シャワーを常に出し続けている」のと一緒。ということなんです!

よく夏場など、木陰で涼んだりもしますが、
建物の日陰よりも木陰の方が涼しいんですよね。葉っぱが多い方が涼しく感じる。

それはこの作用のおかげだったんですね^^

まさに、自然でできたエアコンとも言えます。

実際のグリーンカーテンの効果ですが、

電力会社による実証データによると、

・エアコンの消費電力の節電率は全て20%以上、平均的には30%の節電率
 であるということがわかりました。

・緑化している室内としていない室内では、最大で3.8度の違いがあり、
 平均値でも1.7度の違いがあるということがわかりました。

sponsored link

なるほど。

このような数値だけ言われても、なんとなくのイメージはわかりますが、
実際の節約効果的にはどうなの?

と、思いますよね。

エアコンの設定温度を仮に1度下げたとしましょう。
それによって節約の金額は1時間で74円程度になります。

1日10時間エアコン使用したと仮定すると、1日740円。

740円×30日(1ヶ月)= 22200円

の節約になります。

設定温度がもし2、3度下がったら・・・
と考えると、1日中エアコンをつけっぱなしにしている家庭などは

思わずニンマリしてしまいますし、

「これは、やるしかない!」

やるなら・・・・・

→ 今でしょっ! (笑)

と思ってしまいますね。

グリーンカーテン初心者でもできるの?

グリーンカーテンですが、やってみたい!とは思うものの

作り方がわからなかったり、なんか難しそうと誰しもが思うことでしょう。

最初はプランターに植えるところから始まりますが、
自分が想像しているよりも早く、ぐんぐんと成長してくれてますので、

思ったよりも簡単だったという声が多いですね。

最近ではグリーンカーテン栽培セット(キット)なるものが販売されていたりして

導入への敷居もだいぶ下がってきています。

→ グリーンカーテン栽培セットの人気順を見てみる(楽天)

自分でそれぞれ揃えて準備するのがおっくうだという場合には

こういったものを活用するのも手ですね^^

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です