電子レンジ焦げ掃除キレイな落とし方は?重曹を使う方法以外も伝授

いつも使う電子レンジ。いつの間にか内部が焦げているっ!
小まめに手入れしない私が悪いんだけどさっ、でもこの焦げってどうやったら落ちるの?

ゴシゴシ拭いても落ちないし、
やる気になった時にせっかくならキレイにしておきたいよね。

sponsored link

そこで今回は、長い期間が経過した電子レンジ内の焦げをキレイに落とす方法をご紹介

します。

電子レンジの焦げ掃除キレイにするポイント

汚れがついてから、焦げがついてから長い期間が経ってしまったものほど、
汚れが落ちにくくなっています。

これらの汚れは、「温かくしてふやかして汚れを浮き上がらせる」
まずここを意識するのがポイントです。

電子レンジ庫内を熱くする。この熱くする時間が長ければ長いほど汚れが落ちやすくな

ります。

よく、「聞いた方法をやってみたんだけど落ちない」とか
「重曹が効くっていうから使ってみたんだけど落ちない」という人は、

庫内を熱くする時間が短いと考えられます。

まずは「長い時間熱く」をポイントにしてやっていきましょう。

電子レンジの焦げには重曹が活躍します

口の広めな耐熱容器の中に重曹と水を混ぜたものを入れましょう。

これを電子レンジで数分間チンします。
目安としては、この重曹水が沸騰して蒸気で庫内があふれるくらい
蒸されて庫内がくもってくるまで。窓に水滴もついてきます。 

この状態になったら止めます。

ここから30分ほど、何もせずに置いておきましょう(庫内を蒸らします)

このようにすることで、焦げがふやけて浮き上がってくるため落ちやすくなります。

sponsored link

30分経過したら電子レンジの扉をあけて、
濡れたふきんなどで拭き取っていきましょう。

乾燥している時よりもかなり拭き取りやすくなっています。

これでも落ちない場合、
汚れの上に直接重曹をパラパラまいてみてください。

そしてそのうえでふきん(できればタオル生地のようなもの)でゴシゴシと拭き取りま

す。

電子レンジの焦げを重曹以外でキレイにする

重曹は汚れに効くということでどんな場合でもよく聞きますね。

今回は重曹以外での方法もご紹介します。

これからご紹介する方法は、
丸皿(セラミック製)のみ可能な方法です。

焦げの上にクリームクレンザーをつけます。

汚れの上から、ラップをくしゃくしゃに丸めたものでこすって落としていきます。

こちらは電子レンジのメーカーでも紹介されている方法で、
用途は限られてきますが、汚れが特に落ちにくい場合などに使えますよ。

電子レンジ焦げ掃除まとめ

電子レンジは食品を扱うものなので、洗剤など化学的なものはあまり使いたくないです

よね。

ですので、重曹での方法が一番とも言えます。

重曹は他の掃除でも使えますし

今回の方法で、ガスコンロの汚れなどでも同じような方法ができますので、

1つご家庭に用意しておくと良いでしょう。

また、いつもこうなってから後悔するのが

「汚れがついた時にすぐ拭いておけば・・・普段からお手入れしておけば・・・」

ということ。

普段であれば、ふきんを酢水で濡らして軽く拭き取っておくだけで
ニオイ防止にも役立ちます。

普段からちょっとしたお手入れを心がけたいところですね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>