新築一戸建て引越し準備。やっておくべきことのまとめ

sentakuki

新築一戸建てへの引越しとなると気分が違います。
念願のマイホームを手に入れて夢がワクワクですよね。

で、ソノワクワクと裏腹に、住まいを一新するにあたって粗大ゴミ
が恐らくは増えると思います。そんなところも確かめながら、
引越し当日へ向けて準備を進めていきましょう。

自分たちで出来る範囲のものは忘れていても後で何とかなります
が、業者さん絡みはそうはいきません。
「業者さんに頼むリスト」なども作ってしっかりスケジュールを
組み立てて下さいね。

sponsored link

引っ越し準備リスト

項目はかなり多いので、新居の完成状況を見ながら余裕をもって
作っていきましょう。引越しリストの詳しい項目は引越し業者さんの
ホームページなどにかなり詳しく書かれていますから参考にして下さい。

ノートを1冊用意して、
・1~2週間前
・前日
・当日
といったようにタグで分けると良いと思います。

書いては読み返し、書いて読み返し、これを何度も繰り返しながら
漏れがないように項目を追加しながら作って下さい。

引っ越し先新旧の下見は立ち会って 見積もりの段階で

「あ、大丈夫ですよ。下見はこっちで行きますから。」
こんな業者は絶対ダメです。

・現場の形状や道路幅。
・荷物を積んだ車は駐車できるのか。
・付近の交通量。
・業者の視点で必要な情報。
これらを現場でプロの視点で確認してもらって下さい。
数社の相見積もりを比較するのが基本です。

「知り合い」という言葉に惑わされないようにする必要はあります
が、仕事ぶり&価格に問題がなければ大丈夫でしょう。

sponsored link

引越し当日にやること

当日まで荷造り、というのは絶対的に避けましょう。
業者さんが「ピンポン!」と来て、
「あ、すみません。ちょっと待って下さいね。」これは絶対ナシです。

業者は時間で動いています。時間のロスはこれからの今日の
スケジュールに響きます。ややもするとスタートから重~い雰囲気に
なっちゃうケースだってあるのです。
新築一戸建ての新居への引越しなのに。。。

・時間に焦って壁を傷つけるかも知れません
・仕事をいい加減に切り上げて次の現場へ行くかも知れません
・次の現場で「遅いよ!」と怒られちゃうかも知れません
こんなふうに有り難くない連鎖が始まる可能性があります。
「自分がるべき部分は完璧にやっておく」
これは物凄く大事です。
業者さんの到着を余裕をもって待てるようにしておくのがベストです。

現場に着いたら、邪魔にならないようにしながら、どれはどこに置く
といったように指示だけ出します。チョロチョロされると非常に
迷惑になりますから気をつけて下さいね。

できることは自分で ビビらない

カーテンの取り付けなど、自分で出来るのは自分でやりましょう。
脚立や電動ドリルなどのツールは後々いくらでも使う機会がある
ので、購入でも良いと思います。

壁に穴を開けるのは、新築だし、ビビるかも知れません。
いや、ビビルでしょう。
でも、必要なら開けちゃって下さい。ホームセンターで補修材も
売ってますから大丈夫ですよ。

新しい自分の家を可愛がってあげて下さいね。

まとめ

業者さんが決まったら、いろいろ教えてもらいながら準備を整えて
ください。
・業者さんが困ること
・こうやれば早く進む
こういった情報を上手に取り入れて、スムーズに進むようにして
下さいね。

何といっても、新築一戸建てへの引越しっは家族にとっては記念日
です。記念日にふさわしい快適な1日にして下さいね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>