厄年男性に贈り物は何がいい?身に付けるもので良いグッズは?

男性の厄年は何かと気になるものです。
最初の厄年は25歳で大卒なら、まだまだ新人で仕事の心配もあるでしょう。

2度目の厄年は42歳、家庭を持ち、会社でもそれなりの立場になっています。

最後の厄年は61歳、定年までもう少し、またはすでに引退している人もいます。

このような男性の厄年は人生の変わり目で大きな変化が訪れる可能性があります。
それが良いほうに転べばいいのですが厄年だとどうしても
心配にる人がいるんですよね。。

家族や友人、恋人に厄年の男性がいる場合は、厄除けになる贈り物を
してはいかがでしょうか?

sponsored link

厄年男性に贈るものはどんなものが良い?

厄年の男性に何か贈り物をしたい、という人もいるでしょう。
プレゼントなら通常、相手が喜びそうなものを贈るのが一番ですが
厄年の場合は、ちょっと変わってきます。

昔から厄年男性には、長いものや七色のもの、うろこ模様のものが最適だと言われています。

もちろん、その条件にかなったものから厄年男性が喜びそうなものを選べば良いのです。

まあ、うろこ模様が好きな人はいるとは思いますがそれほど多くはないでしょう。
なので無難なのは、長いものや七色のものではないでしょうか。

贈る相手が男性ですので長財布やベルト、ネクタイ、マフラーなんかは、
どの年代にも喜ばれると思います。

厄年男性にオススメのプレゼントを紹介

Agis M&R【エィジス】厄除け・開運ベルト

こちらは厄除けだけあって、バックルの裏に7個(各7色)のラインストーンが埋め込まれています。
長いベルトに7色を使いながら派手にならないので贈り物には最適です。

sponsored link

【FATTURA】ドイツ V.FRAAS製 ブランドマフラー ウール100%

毎年大人気のマフラーでストライプ柄は5タイプで全21柄あります。

天然木・天然漆の手造り箸 厄除け七色

1善ずつ職人がこだわり抜いた手造り箸です、普段毎日使う箸ですから贈り物にも喜ばれます。

CHECK!厄除けのブレスレットを自分で作る方法もあります。
手作りの贈り物にいかがでしょうか?

厄年男性に贈り物を渡す時期はいつがいい?

厄年は、本厄の前の年が前厄、本厄の次の年が後厄といいます。

厄年の男性はどうしても本厄が一番気になるところでしょうが
厄自体は前の年からすでに始まっています。

ですから贈り物を渡す場合も何も本厄になってから渡そうと待つのではなく
前厄の時に渡しても問題ありません。

まとめ

今回は厄年男性の贈り物に関する記事でしたが、いかがでしたでしょうか?

誰もが避けて通れない厄年ですから備えあれば憂いなしです。
あなたからの贈り物はきっと厄年男性の不安を助けてくれるでしょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>