ハロウィンに作るお菓子の定番はコレ!大量生産に向いているものは?

ハロウィンは、秋の収穫を祝い、悪魔を追い出すため、
子供たちがオバケや魔女などの仮想をしながら近所の家を訪ね、
家人に「トリック・オア・トリート!」と言い、
「いたずらされたい?それとも、もてなしてくれる?」意味合いで、家人からお菓子を貰います。
アメリカやイギリスでは10月31日に行われ、日本でもその傾向がありますね。

ハロウィンパーティーをするところも多く、その時に出すお菓子も何にしようか迷ってしまいますね。
そこで今回はハロウィンお菓子のレシピのご紹介と、人数が多い場合の大量生産に向いているお菓子のご紹介をしていきます。

sponsored link

ハロウィンお菓子の定番は?

ジャック・オ・ランタンでくりぬいたカボチャで作る、
「パンプキンクッキー」

halloween-cookie

秋の果物で作る、
「キャンディ・アップル」
日本でいう、「リンゴ飴」です。

cabdy apple

トウモロコシの粒を形とり、
アメリカで人気の甘いお菓子。
「キャンディーコーン」

candycoan

これらなどが

ハロウィン定番のお菓子です。

ハロウィンのお菓子レシピ

ハロウィン定番のお菓子「カボチャクッキー」をご紹介します。

〈クッキー生地の材料〉

薄力粉180g
カボチャパウダー20g
バター180g
卵黄2個

sponsored link

もし、チョコレート味にしたい場合は、
カボチャパウダーの分量をココアパウダーにご変更ください。

クッキーに絵を描き、ハロウィン気分を盛り上げるために、
アイシングの材料もお伝えします。

〈 アイシング〉

粉糖100g
卵白大さじ1/2
レモン汁少々
ココアパウダー適宜
食紅適宜

〈クッキー〉
クッキーの種を作ります。
バターは室温に戻し、粉類は振るいましょう。
ボウルにバターを入れ、クリーム状に練ります。
泡だて器があると、助かります。

粉糖を加え、ふんわり泡立て、卵黄を加え混ぜ合わせます。
粉類を入れ、ゴムベラでまとめます。
ひとまとまりになったらラップに包み、
冷蔵庫で30分以上休ませます。
3or4ミリ程度に伸ばして型抜きします。
そして、170度のオーブンで15分ほど焼きます。

〈 アイシング〉
アイシングを作りましょう。
ボウルに粉糖を入れ、卵白とレモン汁を加えてスプーンよく練り混ぜます。
つやが出るまでしっかりと混ぜましょう。
目安はスプーンを持ち上げると、少し垂れるくらいです、
三角筒のコロネ等に入れて冷やし、しっかり乾かす。

ココア味はココアを同量の水で溶いたものを白いアイシングに混ぜて使います。
冷えて固まったら、クッキーに
クッキングシートの上などで練習してから、
クッキーに描くと失敗が少ないのでおすすめです。

ハロウィンお菓子大量生産に向いているものは?

アメリカでは定番の「キャンディーコーン candy corn」

トウモロコシの粒を3色のキャンディー。
砂糖、コーンシロップ、はちみつなどが原料です。

ハロウィン向けのキャンディーコーンの配色は、
一番下が黄色、
真ん中がオレンジ、
上が白の3色。

アメリカでは、行事の定番お菓子で、
他の行事ではカラーが変わり、
クリスマスでは、
「トナカイ・コーン」となり、
一番下は赤、真ん中は緑、上は白になります。

他にも
「キューピッド・コーン」
イースターの時期には「バニー・コーン」
と、それぞれカラーも変わり、彩りを添えます。

まとめ

今回は定番のお菓子などご紹介しました。
ハロウィンも日本で流行ってきましたね。
お子様がいらっしゃる方やご友人同士など、
季節の風物詩として、楽しまれている方も多いようです。

楽しいハロウィンをお過ごしくださいね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です