酉の市花園神社2014年の日程はいつ?時間は?熊手の値段は?

今年も酉の市の季節がやってきましたね。「もういくつ寝るとお正月~」と歌になっているお正月と同じように
酉の市も江戸時代は季節の歌に出てくるほど定番のものだったようです。今回は花園神社の酉の市を取り上げて
みたいと思います。日程や、是非とも行ってみたくなる情報も取り揃えてみましたよ。

sponsored link

酉の市花園神社2014年の日程と時間は?

一の酉本祭 11月10日(月)昼から翌深夜2時頃まで。
二の酉本祭 11月22(土)昼から翌深夜2時頃まで。

前夜祭について

一の酉前夜祭 11月9日(日)昼頃から翌深夜2時頃まで。
二の酉前夜祭 11月21日(金)昼頃から翌深夜2時頃まで。

熊手については、後で記述しますが、前夜祭に熊手を買うと高いという情報がありました。もし本祭にも行く
ということであれば、そちらで購入された方がいいかもです。

屋台について

露店は熊手商が境内に60店舗ほど、その他の露店は境内の内外に200店舗ほど開かれる予定となっています。
どんなものがあるかというと、焼き鳥、綿あめ、チョコバナナ、イカをバターやソースで焼く匂いが充満していて
それはもう楽しくてしょうがないですよ。あと飴細工屋さんもあるので作ってもらっても記念になるかも。

屋台ではないですが、奥にカーテンで仕切られた「見世物小屋」があります。
800円で入ることができますが撮影は禁止です。

何があるかというとよくわからないのですが「異界へようこそ」の文字があり、
森の魔女なのか泉の精か、衣一枚であらゆる獣と戦った妖艶な女性の見世物らしいです。

子供でも入れるので怖い方はご安心を。

sponsored link

最後に蛇の抜け殻をサービスで配るみたいですが、わけのわからない
うちに手を出して受け取っていた・・・という口コミも。

興味ある方はどうぞ。16:00頃からみたいです。

熊手の値段は?

熊手の値段ですが、安いものは1,000円からで、高いものになると何十万にもなるそうです。
ただ人気があるのは20,000円から40,000円が主流ということです。
これは商売繁盛や開運招福をかき集めるためのものなので
かき集めたいご利益を考えて購入されるとよいかもしれません。

初めてですと買い方が何を買ったらいいのか、わからないと思います。
とりあえず、すぐに買うのではなく露店を
一回りしてから決められるといいかと思います。

そしてご存じかもしれませんが、粋な買い方は「値切る」こと。
意外に思われるかもしれませんが、買う方は値切った額をご祝儀としてお店に渡しているようです。

良いことをしたと思えて気持ちがいいですし、売る方も儲かった気分が味わえて、
どちらもハッピーなのですね。
値切る、まけるの声が交差し合う活気のある酉の市であなたもハッピーな気分を味わってみませんか?

まとめ

酉の市花園神社の2014年の日程などについてお伝えしました。
とにかく人が集まるのが好きという方がであればとっておきのビッグイベントになりますね。

ケガと食べ過ぎには注意して楽しんできてくださいね。

【合せて良く読まれている記事はコチラ】

→ 酉の市横浜
→ 酉の市浅草

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です