沖縄観光一人旅におすすめのスポットは?沖縄住民が教えるベスト4選

沖縄観光ぶらり一人旅。自由な感じで良いですよね。

さて、一人で行く沖縄。
どこが楽しくて沖縄を味わえるかなと、ちょっと考えてみましたよ。

沖縄らし南国っぽくて、美味しくて、
そんなスポットを沖縄本島からいくつか紹介しますね。

sponsored link

まずは北部へ

沖縄観光でレンタカーは必須です。
地図も併用しつつ一路北部を目指しましょう!

往路は高速道路を使わずに下道で行くことをお勧めします。
ヤシ並木が続くので、いやが上にも南国気分が高まって来るでしょう♪
国道58号線で行くとドカンと沖縄が脳に入ってきますよ。(笑)

那覇市を離れるあたりから金網のフェンスに囲まれた大型施設が目に飛び込んで
きます。最初は左側。それが在沖米軍基地。
こんな風景を旅の途中のあちらこちらで目にすることになります。

嘉手納町に入ると国道の両側に金網のフェンスがダダッと続きます。
これが全国的に有名な嘉手納基地です。
嘉手納「道の駅」の屋上からは嘉手納基地内の航空機の発着風景が見えます。
Fナンチャラとか。。。

航空機ファンにはよく知られた場所です。
取材記者さんもここで撮影するそうです。

名護「道の駅」

沖縄の「道の駅」の始まりがここです。
いつもお客さんでいっぱい。観光客もたくさんいますよ。

沖縄特産の野菜・果物・お菓子・加工品など、いろいろあって、
見ているだけでウチナーを実感できます。

魚屋さんもあって、沖縄の近海魚とかを売っています。
食堂もありますよ~。

で、ここのオススメは、おっぱ牛乳で作ったソフトクリーム。
濃厚で最高にウマいです。

はい、では、更に北へと向かいましょう。

沖縄美ら海水族館&イルカショー

いつ行っても人でいっぱいですが、ここは沖縄観光ではハズせない人気スポット。
館内通路をしばらく進むと、巨大水槽パノラマが現れます。
それはもう半端ない大きさですよ。

ゆ~ったり泳ぐジンベエザメやマンタを堪能してください。
何時間でも過ごせそうな気分になっちゃうと思います。
壁側に椅子が並んでますから座って眺めても良しです。

美ら海水族館を出たらイルカショーを見に行きましょう。
「オキちゃん劇場」で親しまれているこのショーは、一人だって十分に
楽しめちゃいますよ。

sponsored link

イルカちゃん達の一生懸命な演技に感動して目頭が熱くなっちゃう人も
いたりするんです。

夜の沖縄観光1 沖縄市

基地とは切り離せない街です。
英語の看板も多く、異国情緒たっぷり。

沖縄市になる前は「コザ」と呼ばれていました。
ロックやフォーク、プロから素人までミュージシャンがたくさんいます。
音楽好きにはかなり楽しい場所です。

音市場というビルがあって、いつも何がしかのライブをやっています。
往年のシブい実力派ミュージシャン(日本人)もライブに来ますよ。
柳ジョージとかも来てました。知る人ぞ知るですが。^^;


・空港通り
・パークアベニュー
・中の町(飲み屋街)

このあたりを歩くと「コザ」の雰囲気が伝わるでしょう。
軍属のアメリカンとかとも普通にすれ違います。

夜の沖縄観光2 国際通り

出発前夜のオススメは那覇市内の国際通り。
土産物店がかなり多くなってしまいましたが、ブルーシールアイスクリームが
楽しめるパーラーなど、遅くまで賑わいます。

奇跡の1マイルとも言われていて、歩いて30分程度はかかるでしょう。

国際通りには民謡酒場もあります。
あのネーネーズの生歌が聞ける「島唄」というライブハウスなども人気です。
店内で沖縄料理も楽しめます。

まとめ

沖縄観光のポイントは「のんびり」じゃないかと思います。
いつものペースから離れてスローになって下さい。

「だからよ」
「なんでかね」
沖縄県民の会話で頻繁に使われるこのフレーズ。
これを使いこなすとアナタも沖縄通です。

ちょっと、この牛乳、賞味期限過ぎてるじゃん。
「そうね?なんでかね。」

沖縄そば、注文して15分は待ってますよ。
「あい、なんでかね。」

はい、こんなふうに使います。
慣れたらいろんなシーンで使えます。^^
言われた相手は拍子抜けでポカンとするしかありません。

旅をしながらこんな沖縄文化も観察して見て下さいね。
これも旅の楽しみ方ということで♪

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする