静電気を除去する方法は?おすすめの静電気除去グッズ

冬になると「私静電気がすごいんです。」とか
「ドアノブに触るのが怖くって。」といった声を聞きませんか?

服を着る時、人に触れたとき、スカートの裾がまとわりついてしまう。

また静電気によってプリンターの紙詰まりが・・・、二重送りが・・・といったこともありますよね。

静電気がおきやすい条件は、湿度が低く乾燥している。・放電しにくい体内環境になっているときなどです。
その静電気の痛みや不快感から少しでもやわらげる静電気除去グッズを探してみました。

sponsored link

静電気を除去する方法は?

身近な方法では、

・指先で触る前に手のひらなど接触面を広げる。
 →接触面を点から面にすることで分散させる。

・衣類は天然素材を身に着けるようにする。
 →静電気のたまりにくくする。

・木や壁、コンクリート、地面などに触る。
 →金属に触れる前に静電気を逃す。

・加湿・保湿をする。
 →湿度をあげる。

などの簡単な対策方法があります。

静電気を除去する方法は?オススメの静電気除去グッズは?

静電気を除去するグッズは
はたきや手袋、マット、ブレスレッド、キーホルダー、キーカバー、スプレーなどありますが、
いったい自分に向いているものは?必要なものは何でしょう?

着替えや髪の毛をブラッシングすると、
髪の毛が浮いてしまうなら、天然素材のブラシでヘアケアが良いですよ。

豚や猪の毛、つげの櫛は髪のつやを守ってくれますので痛みを防ぎます。

また、動物性の毛はどうしても・・・という方は、毛の材質に導電性ポリエステル樹脂を使っている商品もあるようです。
キューティクルを整えれば、水分を維持できるので、静電気がおきづらくなりますね。
つげ櫛も販売している店舗があります。
木製なので髪に静電気がおきにくいといった効果があります。

ただし、椿油を染み込ませてありませんので、
もし必要でしたら椿油をつけて20~30分おくなどして使ってください。

おしゃれをしながら手元の静電気を除去したいなら、
ブレスレットはいかがでしょうか。

静電気除去、帯電防止など静電気をおさえてくれる
導電性繊維をつかっているデザインや革素材のブレスレットもたくさんあり
コーディネイトに困りませんね。

車やドアノブ、スーパーでの買い物中など、
金属製品の近づいたり触れてしまうと静電気が発生してしまう方は、
導電ゴムがついたキーホルダーもあります。


帯電した静電気はキーホルダーを通して除電されます。
除電完了サインがついているグッズもあるので目で見えた方が安心できるといった人におすすめです。

除去グッズをダイソーや100均で買える良いものがある?

静電気除去グッズも100均(100円ショップ)で購入できます。

そのまま使えますが、例えば静電気除去リングを髪留めのゴムとして
使ったりするアイデアもありますね。

まとめ

静電気除去も人それぞれで、除去グッズの○○が効いたよ、木やコンクリートに触ってから金属に触っています。
という言葉もあります。

ハンドクリーム塗るとまったくパチッとしなくなった、などたくさんの効果を感じる体験談があります。

1つの方法にこだわらずいろいろ試して自分にあった方法が見つかると良いですね。

【この記事と合せて良く読まれている記事はコチラ】

→ 簡単な冬の静電気対策。服や手袋車などで出来ること
→ 静電気の体質と原因は?これで改善できる簡単な対策方法

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする