甘いものを食べ過ぎてしまうのをやめたい食べ過ぎの対処法、リセット方法は?

caketakusan

現代は甘いもの好きにとっては最高の環境といえます。
ケーキの食べ放題なんてもう天国ですよね。

でも、食べてる時は最高でも、
家に帰ってから、「あぁ、食べちゃったよぉ。。。」
という人はきっと多いはずです。

甘いものを控えたいのに出来ない。
ダイエットしたいのに減らない。
と思ったのにまた甘いものを食べちゃう。

そんな悪循環から抜け出してみませんか。

sponsored link

甘いものを食べ過ぎてしまう原因は?

砂糖類の摂り過ぎは身体によくありません。
これは誰でもわかっていますよね。
なのに何故甘いものを食べちゃうんでしょうか?

甘いものを食べるとホッとした気分になりませんか?
ホッとするのは、脳が砂糖を快感物質と判断するからなん
です。

無意識のうちにホッとしたい気持ちを求めて甘いものを
食べる。
・空腹でもないのに甘いものが食べたい
・甘いものを食べないと不安になる

でも、こんな習慣を長く続けていると、砂糖依存症に陥って
しまう場合だってあるんです。
いえいえ、実はもう砂糖依存症にハマッちゃってるのかも
知れませんよ。

甘いモノを食べ過ぎるのをやめる対処法は?

甘いものから果物に比重を移していくという方法が
あります。

sponsored link

果物には甘味だけでなく、食物繊維やビタミン・ミネラルなど
消化・燃焼に必要な栄養分も含まれています。
果物でお菓子と同じカロリーを摂取したとしても、栄養の
バランスが取れているのでお菓子ほど血糖値にも影響しません。

果物は甘いものを食べたい欲求を満たしてくれる上に、
ビタミンやミネラルの作用で、脂肪を効率よく燃やしてくれる
というメリットがあります。

苺・パパイヤ・梨・みかん・キウイ・リンゴ
などがお勧めです。

もし食べ過ぎてしまった時のリセット方法は?

実はあまいものをたくさん食べちゃった後でもリセットする
方法があるにはあります。

食べたものが吸収されて体に使われるまでに48時間かかると
言われています。
その間に手を打っちゃおうという方法です。

これは相当ツラいかと思いますが、
甘いものをたくさん食べた翌日は、本物の空腹になるまで
水以外の物は口にしない。
空腹になったら、果物や野菜など、酵素やミネラルを含んだ
ものを食べる。
これって、出来る人はいるかも知れませんが、かなり厳しい
ですよね。

じゃ、これはどうでしょう。
運動を組み合わせて燃焼させる。
体重60㎏の人が1時間早歩きをすると、約240calを消費します。
これと並行してダイエットの効率もアップしますね。
これなら断食っぽさもないし、なんとか実行出来るんじゃない
でしょうか。

まとめ

こんなダメダメ習慣はありませんか?
食べ過ぎると横になりたくなる、というより横になっている。

そうなるのがわかっているのなら、食べる量を減らしましょう。
まずはこれでプチ達成感を味わってみて下さい。

それと、寝る前の4時間は何も食べないようにしましょう。
食べちゃうと、消化のために体は休むことが出来ません。
これが出来ると朝の目覚めが良くなりますよ。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする