ひな祭り一覧

雛人形は二人目にも必要?もし買うならこんなタイプがおすすめ。

3月3日の桃の節句は、災いや病などから女の子を守ってくれますようにと、 女の子の健やかな成長を願う風習です。 女の子のいるご家庭なら欠かせない行事の一つですね。 一人目なら迷うことはないですが、 姉妹の場合、雛人形をもう一つ購入するか悩むところですよね。 一人一飾りと言われる雛人形 女の子が二人・三人いるご家庭はどのようにされているのかについてお話していきます。

雛人形、母親のお下がりを受け継いだらダメ?七段飾りを飾る場所がない場合は?

雛人形は、母親のお下がりを受け継いだらダメなのでしょうか。 少し縁起の面で気になる人も多いのではないかと思います。 また、私達(母親)の代では七段飾りが主流だったので、お下がりを受け継ぐなら七段飾りだけど我が家は七段飾りを飾る場所がない。 そんな場合は、一部を飾るのはアリ?など、気になる点についてお話していきます。

ひな祭り初節句の過ごし方は?食事おもてなしはどうする?

女の子の初節句楽しみですね。まず、お雛様を飾る時期ですが、立春(2月4日)頃から 2月中旬にかけてお雛祭りの1週間前までには飾りつけます。 前日に飾る「一夜飾り」は縁起がわるいと言われていますので忙しくてもお子様のため頑張って下さいね。 今回は初節句はどのように過ごしたら良いのか、誰かをお招きする場合、お食事やおもてなしはどうすれば良いのか についてお話していきます。