沖縄旅行が台風で欠航。キャンセル料(宿泊費)は取られてしまうの?

okinawa

沖縄といえば青い空と青い海で、毎年多くの観光客が訪れています。
6月からの暑い日差しはマリンレジャーが盛んで、冬も暖かく年間平均気温は
25度と一年中過ごしやすいので若者から高齢者の方まで旅行先として大変人気です。

しかし台風も毎年多く発生しており、せっかくの沖縄旅行が台無しになってしまう
場合もあります。

実際に台風で飛行機が欠航してしまった場合、キャンセル料はどうなってしまうのか?
沖縄で台風にあって帰れなかった場合、ホテルはどうなるのか?

など事前に知っておいた方がよい情報を紹介します。

sponsored link

行きの飛行機が欠航になった場合、キャンセル料は?(パッケージツアーの場合)

行き(往路便)の飛行機が欠航となった場合は、パッケージツアーでは、
原則としてツアーは中止となります。

そしてまったく何もできなかった状態ですので、この場合は事前にお支払したパッケージツアーの代金に関しては全額返金してくれます。

ただ、注意が必要なのは台風や大雪で欠航というのは、飛行機が飛ぶ予定時間の直前まで
決まらない場合があります。

結果的に行きの飛行機が飛べば、ツアーは催行となります、その時に自己判断で旅行を
取り止めた場合は、通常のキャンセル料金が発生してしまいます。

欠航になった場合、ホテルのキャンセル料は?(飛行機と宿泊先の予約が別の場合)

ご自身で宿泊先のホテルを予約して飛行機が欠航した場合は、
ケースバイケースですが通常キャンセル料金が発生します。

ホテルのキャンセルと飛行機の欠航は基本、ホテル側には関係ないので
自己責任になります。

sponsored link

ただし、ホテルによっては当日何時までに電話をすればキャンセル料金が
かからないという所もあれば、問答無用に当日はキャンセル料金がかかる
という所もあります。

キャンセル料金がかかる場合は、交渉次第によっては何とかなる場合もありますが
ご自身で交渉する必要があります。

帰りの便が欠航になった場合、ホテルの延泊はできる?代金はどうなる?

帰り(復路便)が欠航となった場合は、その日宿泊するホテルを探さなくてはいけません。
前日まで利用していたホテルに空きがあれば延泊を申し込めばいいのですが
無ければ別のホテルを探す必要があります。

ご自身でホテルを予約した場合は、ご自身で探すしかありません。

パッケージツアーであれば通常、申込みの旅行会社が何とか手配してくれます。
しかし多くの利用客の対応に追われるので電話も繋がらないケースも多く
ご自身で探した方が早い場合もあります。

また欠航が決まった場合は、ホテルの予約もどんどん埋まってきますので
早めの行動が大切です。

そして泊まるホテルの代金は残念ですがお客様持ちとなってしまいます。
つまり自腹となってしまうのですが航空会社や旅行会社には台風や雪などの
悪天候の理由の場合は、宿泊費等の責任保障はありません。

まとめ

さて、今回沖縄旅行の飛行機欠航の記事はいかがだったでしょうか?

沖縄旅行を満喫するには旅行中ずっと晴れた日が一番なんですが、最悪でも台風で旅行が
出来なくなるのは避けたいものです。

しかし台風などの自然災害にはどうしても勝てません、悪天候で飛行機を飛ばすのは危険もあるで場合によっては欠航もやむなしです。

今回、台風が来た場合の欠航の対応について書かせていただきましたが
この記事が参考になれば幸いです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする